日本茶の淹れ方

美味しいお茶を淹れるには

新緑園でお茶をお客様にお出しすると「ここで飲むお茶は美味しい! 何か特別な水や道具を使っているの?」と良く聞かれます。
浄水器は使っていますが、ほかに特別な名水や茶器を使っている訳ではありません。
新緑園スタッフが実践している美味しいお茶の淹れ方をご紹介いたします。

用意していただきたいもの

  • ・良質な水
  • ・急須
  • ・茶葉

良質な水

お茶の味は使用する「水」によって大きく変わります。
日本の水道水は日本茶と相性の良い軟水なので、水道水でもカルキ臭をしっかり抜けば、ご家庭の水道水でも美味しいお茶を淹れることができます。
一般的に、水道水には消毒の為にカルキ(塩素)が添加されていて、そのカルキ臭がお茶の味や香りを損なわせます。

<水道水のカルキ臭の抜き方>

  • 浄水器や浄水ポットでろ過する。
  • ヤカンに入れて火にかけ、沸騰し始めたらヤカンのふたを開け、3分~5分の間しっかり沸騰させ続け、カルキを飛ばす。

浄水器や浄水ポットを使用すると、水道水の中のカルキを90%以上除去することが可能です。
ヤカンで沸騰させるよりも効果的で、ミネラルウォーターにも負けない美味しい水に生まれ変わります。
またお茶だけでなく、他飲料やお料理も美味しくいただけます。

急須

一番おすすめなのが、常滑焼きの急須です。
常滑焼とは、滑らかな陶土を焼しめた赤い色が特徴の焼き物。
赤くなるのは陶土の中に酸化鉄が含まれているためで、この酸化鉄が日本茶のカテキンと反応をおこし、味がまろやかになると言われています。

日本六古窯のひとつですが、手頃な値段で買える急須もありますので、デザインや形で選ぶ楽しみもあります。
常滑焼と陶器、ガラス、アルミの急須でお茶を飲み比べたアンケートによると、85%の方が常滑焼の急須で淹れたお茶を美味しいと回答しました。
常滑焼の急須をご用意するのが難しい場合は、お持ちの急須で大丈夫ですが、カゴ網タイプより、急須に網が張ってある方がお茶の葉の広がりが良いのでおすすめです。

<常滑焼急須の良いところ>

  • 味がまろやかになる。
  • 薄くて軽い。
  • お湯が冷めにくい。
  • ふたがぴったりと閉まるので、お茶をしっかり蒸らすことができる。
  • 伝統的で美しい胴体部の形が、茶葉の開き具合を調整してお茶を美味しくする。

出典:常滑陶磁器商業協同組合

茶葉

茶葉なら何でも、と申し上げたいところですが、流通している茶葉の中には質の悪い緑茶もございます。
また、良いお茶でも封を開けてから長くお使いいただいていないものは、香りや味が劣化してしまっています。
私ども新緑園が季節ごとにおすすめするお茶を、新鮮なうちにお楽しみいただければ幸いです。

さて、良質な水と急須、そして茶葉をご用意いただきましたら、まずは煎茶の淹れ方の基本をご紹介しましょう。

煎茶の淹れ方

一度完全に沸騰させ、一呼吸おいたお湯(80度くらい)を茶碗に八分目まで注ぎ、冷まします。
湯ざましという茶器を使用しても構いません。

適量の茶葉を急須に入れます。2人分ならティースプーン2杯くらいが目安です。

湯冷ましした茶碗のお湯を急須に注ぎ、茶葉が開いてお茶が抽出するのを60秒ほど(深蒸し茶は40秒)静かに待ちます。この時のお湯の温度は70度が目安です。
ちなみに、急須の穴の位置は注ぎ口に合わせましょう。こうするとお茶を注ぐ際に急須の中で良い対流が生まれるといわれています。

注ぎ始めと終わりで濃さにかなり差があるので、少量ずつ茶碗に注ぎ分け、味を均等にします。
A→B、B→A、A→Bと注ぎ分けます。これを廻し注ぎと言います。

最後の一滴までしっかり注ぎ切るようにします。
※急須にお湯が残っていると、お茶の成分が浸出し、二、三煎目の美味しさが損なわれます。二、三煎目はお湯を入れて時間をおかず、廻し注ぎをします。


特撰煎茶
まずは、こちらのお茶でお楽しみください。
【SN10】特撰煎茶 100g 1,080円

新茶の収穫期に十分な養分が溜まり、じっくり充実した茶葉を選択しました。
日本茶本来の香りと甘みと、上品でかすかな渋みのバランスが絶妙な、新緑園で一番人気のお茶です。

つくり手の想い(動画)

お問い合わせ先

0120-092650

  • 宮崎県児湯郡新富町大字新田15530-2【地図
  • 【TEL】0983-35-1057
  • 【FAX】0983-35-1857
  • 【定休日】第1日曜日
         (5月,12月を除く)
         12月31日~1月3日
  • 【営業時間】平日  9:00~18:00土日祝 9:00~17:00
メールでお問い合せ