kuroda

kuroda

時にはお茶の話しを離れます。

 

先日、日南まで茶業界の後輩と、黒田氏を見に行ってきました。

プロ野球に興味のある方なら、わかって頂けると思いますが、特別な存在です。

 

KURODA

 

80歳を越えたオーナーにより、選手を「金になるモノ」としてしか扱わなかったりする東京の球団がある中、誰が何と言おうと黒田に惚れます。

私からは、10歳ほど年下・・・。

 

 DSC_1263

 

 

心の支え・・・・くらいあります。

 

毎試合、毎回、毎球を

 

「これが最後」

 

と思って投げています。

 

 

そして今年がラストイヤーとなるでしょうから、願わくば夏頃にでも孤高のマウンドを広島で生で観たいです。

(山陰山陽の出張と、上手く重ならんかな・・・・)

 

 

人は今しか生きられない事、今に命を掛ける潔さをKURODAから学び、魂の茶業と経営をしたいと思います。

2016.02.27
一覧ページへ戻る

最新記事

2017.06.08
近づく夏・・・
2017.05.26
スタイルとスピリッツの両立を目指して
2017.05.06
429
2017.05.03
ありがとうございました。
2017.04.24
200名のオモミ  

カテゴリ