秋涼の宴

秋涼の宴

 

いよいよです。

 

新緑園、初の企画。

 

 

タイトルは、秋涼の宴(しゅうりょうのえん)

 

 

茶園に期間限定の茶室を設置致します。

 

IMG00205_HDR

 

 

今回は、準備の都合上、皆様にご案内出来ずに大変申し訳ございませんが、少し高い位置から秋の茶園の全景や季節の移り変わりを楽しんで頂ければと思っております。

(まだ少し暑いですが・・・)

 

 

モノからコト。

 

 

日本茶の愉しみ方の1つになればと思っております。

 

 

なお13日金曜日、UMKさんがpm6:28頃から、ニュースのふるさと中継で生放送して頂きます。

 

 

13日の金曜日だからと怖がらずに、日の暮れが早くなってきましたひとときに、お時間あられる方は、観て頂くと嬉しいです(^^)!

 

 

2019.09.12

言いたいだけ

 

55才を目の前にし、もう一度心身エネルギーを掘り起こし、仕事もプライベートも快適に前進させ、茶業も経営も想いも自分のやりたいことも全てやりきりれるヨクバリ・オヤジを目指して、高鍋のTFCさんでパーソナルトレーニングを始めて3ヶ月。

 

真っ赤に燃えるシューズで、汗だくになって週1のトレーニングをしています。

 

IMG00154

 

 

 

「じゃあ、成果は?」

 

と聞かれれば、

 

 

「体重は思ったより減らず、しかし体脂肪率は下がり、疲れにくくなり、心は上がってきた」

 

 

と感じています。

 

 

 

トレーナーさん曰く、

 

 

「心肺機能、めちゃ上がってますね」

 

 

とのこと。

 

 

 

「お~、素晴らしい」

 

 

心肺機能ね。

 

 

昨日うまくいかなかったことも反省はすれど、必要以上に気にならなくたってきたので、

 

 

「心配昨日」も改善されている。

 

 

 

 

 

すみません、これがどうしても言いたかっただけです(^^)

 

 

 

さあ、多くの宿題、課題たまってるから頑張ります!

 

 

2019.08.29

本気は伝わる

 

昨日のこと。

 

村上三絃道さんの家元承継の演奏会に、昼と夜、行ってまいりました。

 

 

 

元:家元が既に公言されている様に、体調をかなり悪くされており、この日を迎えられるのが、

 

「奇跡」

 

と言われておりました。

 

 

 

親子で演奏される姿は、鬼気迫る迫真のもので、その人間力に圧倒されるばかりでしたし、ご病気のことは一切感じさせないものでした。

 

IMG00151

 

 

津軽三味線の演奏者であられた初代家元のお父様が急逝され、引き継がれて30年。

 

 

国内のみならず海外でも公演をされ、国内では子供達の教育の一環として講座を持たれたり、全国に一門のお弟子さんがいらっしゃり、圧倒的パワーと本気で芸の道に邁進されるプライドでご指導されていたのであろうということは、市民文化センターでの100人のお弟子さんをバックに演奏される姿からも強く感じたところでした。

 

 

 

本気は伝わります。

 

 

自分の仕事に例えるならば、小異を軽く飲みこんでしまう本気を示さないと、何もなし得ないと心底痛感したところです。

 

久しぶりに衝撃を受けた日曜日でした。

 

 

 

 

2019.08.26

ここで一句

 

夕方でもかなり暑いんですが、最近は近所や茶畑の周りを走ったりしています。

 

ユー・チューブで80年代DISCO・SONGを聴きながら。

 

 

しかしまだまだ体は重く、足取りはやっとこさ「徒歩」より少し早い程度。

 

トホホ・・・。

 

 

 

そしてこの辺りは、稲刈りも始まってます。

 

 

実るほど こうべを垂れる 稲穂かな

(仕事が出来て良い会社をつくられている方は、腰が低く威張らず品の良い方が多いです)

 

IMG00067

 

 

思い起こせば小学生時代。

 

夏休みには、両親の稲刈りの手伝いを姉たちとしていました。

 

暑さといがいがで、よだきよだきでしたけど。

 

 

 

さて「実るほど」で言うと、まだ実りの足りないジブン&我が社

 

 

エネルギーを維持し、前進し続けるのは簡単ではないです。

 

感謝の気持ちで成り立っていることを忘れたり、朝令暮改で方向がぶれたり・・・・。

 

 

 

 

ここで一句

 

 

 

実らずに 微風にぶれる 稲穂かな

 

 

 

秋頃には実ってる様、頑張ります(^^)!

 

2019.08.03

まだまだです

 

嬉しい有り難いご報告ですが、2年前も1度お世話になっておりましたANA(全日空)国際線ファーストクラスさんで、また弊社の宮崎県産のお茶を今年の9月から2年契約で使って頂くことになりました。

 

その関係で、先日福岡でANAの方と視察や打ち合わせ。

 

 

そして空いた時間で、お茶屋さん「万(yorozu)」さん見学。

 

IMG00051_HDR

 

 

(私の様に)決して昭和の臭いのしない今時の品の良いお兄さんが、威圧感の無い笑顔で色んなお茶の話しをしてくれました。

 

 

でも同業者であることは、最初に言っておきたく

 

 

「宮崎から参りましたお茶屋です」

 

 

と、お伝え。

 

 

IMG00050

 

 

こちらは少し緊張する中、お茶に真っ正面から深掘りされているスタンスに敬服しながら、美味しいお茶やお菓子を頂いてきました。

 

その貴重な時間は、お茶の品種、産地のこと、振る舞い、淹れ方、出し方、言葉、タイミング、表情など、学ぶべきところ満載。

 

特に、2煎目、3煎目を、肯定的に意味をなして出される考えは、

 

 

「ほほ、、、なるほど」

 

と、腑に落ちました

 

 

IMG00052

 

 

和菓子も2つ。

 

本当に美味しい。

 

 

テゲテゲでは一切ない。

 

 

お金をかけ、外観やデザインを立派にすることは可能ですが、ここは内質まで徹底されていました。

 

 

ここまで持ってくる内面の力強さがオーナーの方にあるのでしょう。

 

 

 

世の人はすぐに、

 

 

「こだわりは?」

 

 

と聞かれますが、このお店の様に、これらはこだわりでなく全てに徹っし切れるか否かの差だと思います。

 

 

 

んじゃ、俺は??

 

 

まず目指すスタイルとして、高品質な「モノ」を準備しリアルな日々の販売力を身につけること。

 

そのモノに、心が躍り幸せを感じる「コト」を社員と共に品良く被せていき、お客様にも喜んでいただくこと。

 

 

その両立に徹したいが、まだまだまだ・・・。

 

 

うん、まだまだ。

 

2019.07.31

最新記事

2019.09.12
秋涼の宴
2019.08.29
言いたいだけ
2019.08.26
本気は伝わる
2019.08.03
ここで一句
2019.07.31
まだまだです

カテゴリ