現場を

現場を

 

船井総研の社長が講演されると聞き、昨夕市内に。

 

その船井社長だけでなく、あとお二人も講演というか講話をされました。

 

IMG00088

 

 

そんな中、三名の方が言われたのは私なりの解釈で、

 

 

「日本人としての誇りを持つこと」

 

「戦争で戦った先人達の魂を大切にすること」

 

「歴史を学びましょう。そこには自虐的には一切ならなくていい誇り高い日本国があります。他国に否定される国ではありません」

 

 

等々でした。

 

 

 

日々振り返ると、目の前の事象一つ一つに翻弄される自分がいて、例えば歴史を学び大局的にモノゴトが考える力も必要と思いながらも、そこは大いに不足しています。

 

しかし毎日の会社運営では、歴史や想い、理念だけではなく、現場スタッフの環境が少しでも良くなることも大事と思っています。

 

 

この大枠思考と、現場主義のバランスが大事ですね。

 

 

そして改めて、マズローの5段階+1の欲求で現状を考えてみると、私自身もまだまだ欠乏欲求レベルであることを痛感。

 

 

だから今は、まず地味でも地固め。

 

 

格好良いことは言えなくても、思いつかなくても、まずは現場を・・・。

 

 

外部から色んな企画も頂きますが、ちょいとお断りする事もあります。

 

 

 

しっかり社内が流れ始めて、次のステップへ!

 

 

そう考えています。

 

 

2019.02.28

あの日、その日、この日

少し前の、その日。

 

園長ハザワが、品評会茶園用に手作りした肥料をトラックに載せていました。

 

IMG00064~2

 

そして翌日、それを手でまいて・・・。

 

それを吸収した新芽が伸びて、4月の下旬になると思いますが、摘むのも機械でなく、180人程の手となります。

 

 

手作業です。

 

 

 

高校のPTA役員をされている方が集まった、その日。

 

楽しいお茶淹れ教室の時間を頂きました。

 

IMG00006_HDR

 

出来るだけリラックスして頂ける様に、和気あいあいの時間。

 

 

私のすべりトークも織り交ぜながら約2時間(^^)

 

楽しい、美味しいを体感頂けたと思います。

 

 

 

 

そして山形屋さん地下では、2月も1週間、社員が頑張ってお茶の販売。

 

私が夕方に少し手伝いで入った、この日。

 

 

やはりお客様の言葉が、心に響きます。

 

IMG00042

 

満面の笑みで、30歳台?の女性のお客様が開口一番、言われました。

 

 

「ホント、大好きなんです!」

 

(えっ! 人前で?)

 

 

「一度飲んで、優しい味のとりこになりました」

 

(お茶がですよね・・・)

 

 

 

ご年配のお客様からは、

 

「絶対味を落としちゃだめですよ、この味だから飲んでるんです」

 

と、気合いの入る言葉。

 

 

 

 

そして、我が人生を作ってくれた父の七年忌。

 

 

この日、家族だけであの日、あの頃を思い出しながら一連の行事。

 

IMG00024

 

一度だけでいいから、また父と話したいなあ~。

 

 

郷愁

 

 

IMG00050

 

 

ちっちゃい娘の作った、ちっちゃい急須のオブジェ?にホッと一息のこの日。

 

 

こんな毎日です。

 

 

2019.02.11

最新記事

2019.04.21
いよいよです
2019.04.09
手摘みの日程を27日(土)に変更しました
2019.04.05
一緒に日本一を目指しましょう
2019.03.21
お茶も陶器も2割引、笑顔は5割増し(^^)
2019.03.09
魂の仕事

カテゴリ