まだまだです

まだまだです

 

嬉しい有り難いご報告ですが、2年前も1度お世話になっておりましたANA(全日空)国際線ファーストクラスさんで、また弊社の宮崎県産のお茶を今年の9月から2年契約で使って頂くことになりました。

 

その関係で、先日福岡でANAの方と視察や打ち合わせ。

 

 

そして空いた時間で、お茶屋さん「万(yorozu)」さん見学。

 

IMG00051_HDR

 

 

(私の様に)決して昭和の臭いのしない今時の品の良いお兄さんが、威圧感の無い笑顔で色んなお茶の話しをしてくれました。

 

 

でも同業者であることは、最初に言っておきたく

 

 

「宮崎から参りましたお茶屋です」

 

 

と、お伝え。

 

 

IMG00050

 

 

こちらは少し緊張する中、お茶に真っ正面から深掘りされているスタンスに敬服しながら、美味しいお茶やお菓子を頂いてきました。

 

その貴重な時間は、お茶の品種、産地のこと、振る舞い、淹れ方、出し方、言葉、タイミング、表情など、学ぶべきところ満載。

 

特に、2煎目、3煎目を、肯定的に意味をなして出される考えは、

 

 

「ほほ、、、なるほど」

 

と、腑に落ちました

 

 

IMG00052

 

 

和菓子も2つ。

 

本当に美味しい。

 

 

テゲテゲでは一切ない。

 

 

お金をかけ、外観やデザインを立派にすることは可能ですが、ここは内質まで徹底されていました。

 

 

ここまで持ってくる内面の力強さがオーナーの方にあるのでしょう。

 

 

 

世の人はすぐに、

 

 

「こだわりは?」

 

 

と聞かれますが、このお店の様に、これらはこだわりでなく全てに徹っし切れるか否かの差だと思います。

 

 

 

んじゃ、俺は??

 

 

まず目指すスタイルとして、高品質な「モノ」を準備しリアルな日々の販売力を身につけること。

 

そのモノに、心が躍り幸せを感じる「コト」を社員と共に品良く被せていき、お客様にも喜んでいただくこと。

 

 

その両立に徹したいが、まだまだまだ・・・。

 

 

うん、まだまだ。

 

2019.07.31

92どっ!

 

 

IMG00007

 

 

夏の感謝祭、初日もそろそろ終わりですが、今日は久しぶりに夏の青い空が広がりました。

 

 

IMG00092

 

 

こんな日は、水出し茶がカラダにココロに染み入ります。

(演歌みたい)

 

IMG00095

 

 

そして今回も少しでもお店に出て、お客様にお茶をお淹れしながら色んな会話を楽しませて頂いております。

 

 

「神奈川から来ました!!!  美味しかったから、また来るからね」

 

と、固い握手をして頂いたご婦人。

 

 

 

 

夏限定水出し茶を飲んで頂くと、少し間をおいて

 

「幸せ!」

 

と言われた女性。

 

 

 

亡き父の同級生の方も毎回お寄り頂けまが、

 

「もう92どっ!」

 

と言われました。

(父も生きていれば92才か・・・・)

 

 

 

 

ちょうど混雑時に、レジで待って頂く時間が長くなっていると気になり、釜炒り焙じ茶を水出しで飲んで頂くと、瞬時にすごい笑顔(^^)になられたお客様。

 

 

(良かった~)

 

 

友達とお互いの子供の近況報告をしたり。

 

 

県北から、県南から、宮崎市内からわざわざ来ていただいています。

(だから、このご来店が当たり前と思ってはいけないと、気を引き締めています)

 

 

IMG00099

 

 

有難うございます。

 

 

土、日も「感謝祭」とタイトルしているからにはお客様に感謝の気持ちを込めて、冷たいのも熱いのも美味しく楽しんで頂ける様、(滑りオヤジトークを交えながら)お淹れ致します(^^)!

 

 

2019.07.12

最新記事

2020.07.03
2020.06.12
「ハズ」という思い込み
2020.06.06
責任の重み
2020.05.21
始動
2020.05.11
難しいお茶

カテゴリ