宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

社長ブログ

2020.06.12

「ハズ」という思い込み

 

 

県外のあるお茶屋さんに、数年来、お茶を納めさせて頂いています。

 

そこではうちのお茶と他社、他県のお茶をブレンドされ、1つの商品として販売されていますが、そこの社長と色々お話しをすると、社長の品質に対する強い想いが伝わってきます。

 

まあそれは、懸命に仕入れやブレンドをされており敬服します。

 

 

それで、先日うちがサンプルで出したあるお茶について、

 

 

「黒木さん、ちょっと焙煎弱いから再度やり直したのを見せて下さい」

 

 

とのこと。

 

 

 

「えっ、強めの火入れしたけどなあ」

 

 

と内心思いながら、その不採用のお茶の加工表を見直し、実際にそのお茶を飲んでみる。

 

IMG00164

 

 

「んんん・・・・。確かに香り弱い」

 

 

温度を上げたハズなのに、香りがいいハズなのに、試飲で確認したハズなのに・・・。

 

IMG00166_HDR

 

 

「ハズ」がいくつか積み重なる。

 

 

 

が、飲んでみると、先方様の指摘通りの香りが少し足りないお茶。

 

 

 

仕事は結果。

 

 

仕事の「失敗」と言われることの要因は、思い込みや情報不足と言われます。

 

 

それと世の中では、会話の誤差も積み重なります。

 

 

今回のことは、思い込み。

 

 

 

「頑張った、一生懸命やったのに」

 

 

は、小学生のスポーツや勉強まで。

 

 

 

それでも黙って取り引きを切らずに、再提出を求めて頂いた先方様には感謝。

 

 

これに関してはコロナのせいでもなく、誰のせいでもなく。

 

 

結果を出すのみです!

 

 

 

 

2020.06.06

責任の重み

 

 

県内のお茶の組合のメイン行事として、85回目を迎えた「宮崎献茶祭」

 

1591428859574

 

先輩たちが築かれてきた歴史や伝統を踏襲しながら、多くのお取り引き様にも御協賛や御支援頂きながら、お茶の入札場も休みにして頂き、6月2日にまさか?!の快晴の中、宮崎神宮様で無事開催することが出来ました。

 

 

1591428886380

 

 

 

そして今年は言うまでもなく、コロナ対策を取りながらの運営。

 

1591348528327

 

 

 

皆さんと参道を進む際も距離を開け、お祓い所や神殿には献茶司(私)と唐櫃所役2人しか上がらずで、いつもと違うスタイルでしたので、だからこそ代表として、コロナの収束と茶業の発展を神殿で願いながら、いつもは感じない何か重い具体的には見えない責任を頭と心にズシっと感じた時間でした。

 

 

そして全ての進行が終わってからは、テレビ(Uさん、Mさん、Nさん)や宮日新聞さんにも取材して頂き、これもまた、まこち有り難いことでした。

 

 

それといつもは、生産者さんや行政の方と本殿内で昼食しながらの談笑となりますが、今年はそれも中止。

 

そこで今回は全ての片付けが終わった後、事前の準備に何時間も何回もつきあってくれた役員のみんなと場所を変えて昼食タイム。

 

IMG00058_HDR

 

会話は今回の反省会でもなく、今後の経済予測でもなく、

 

 

「コロナが治まったら、またみんなでどっか泊まりに行きて~」

 

 

と、いつもの気のひん抜けた仲間トーク。

 

 

同業者と、肩が外れるっちゃないかといくらい肩の力が抜けたよか時間でした。

 

 

最後になりましたが宮崎神宮の皆様、御参加頂いた関係者の皆様、お忙しい中、誠に有り難うございました。

 

最新の投稿(5件)

秋は深まり、でも浅い。

実らせよう、秋

マゼマゼ

お気持ち

美意識

カテゴリー
お知らせ
社長ブログ

過去の記事