生かされている

生かされている

 

3日間の感謝祭も、お陰様で無事に終わりました。

 

その中で私はお茶を淹れながら、出来る限りお客様とお話しをさせて頂きましたが、今回もまた私にとって尊い時間でありました。

 

IMG00118

 

 

そして特に今回、数名以上の方に言われたのが、

 

「いつも、美味しいお茶を有り難うございます」

 

です。

 

一年間のお礼の気持ちをこちらからお伝えすると、そう言って頂ける方の多いこと。

それもすごい笑顔で(^^)

 

 

なんかこちらが励まされ、癒され・・・・。

 

 

うまく言えないけれど、優しいお客様というか、穏やかな方が多いと感じます。

 

 

差し入れも沢山頂いたり。

(全部は載せきれませんが)

 

IMG00112

 

 

なんと、旦那様が焼いた手作りケーキもありました。

 

 

いや~、嬉しいです。

 

 

 

こうやって今年一年間も、社員とともに茶業で人生を歩ませて頂けたことの、ある意味一歩目というか、スタートというか・・・。

我が社のルーツと言える叔父が昨夕、97歳で亡くなった。

 

数十年前に茶業を始められ、それから何年か経って実弟である我が父も同じく茶業を始めて今に至ります。

 

 

 

その叔父は晩年、私が遊びに行くたびに、

 

 

「お前は、ようやっちょる」

 

 

と、おばちゃんと褒めて頂いていました。

 

 

娘さんからは、

 

「信吾が継いでくれて良かった」と、昔言っていたよ!

 

と、聞きました。

 

 

 

本来は時には辛口な叔父であったと思うが、私には年齢差のせいか優しい言葉が多かった。

 

叔父が数十年前に、茶業をしていなかったら、今の私は何をしていただろうと思う。

 

 

そしてこの通夜式などの時間に、従兄弟達や身内と昔話にもなったが、若い頃は少し面倒くさかった昔話も、今はすんなり聞ける自分もいました。

 

 

父や叔父達の、時代的にも恵まれなかった頃の話は、初めて聞くものも多くて・・・。

 

 

茶業でも我が人生でも、先人達がいての今と実感。

 

 

生かされている。

 

そう思います。

 

2018.12.09

お茶も芋も美味しい感謝祭

 

冬の感謝祭、2日目です。

 

IMG00107

 

 

 

店内には年末のご挨拶に喜んで頂けるお茶、年始に久しぶりの家族の団らんや自分へのご褒美にスペシャルなお茶、そしてお買い得品、ちょっとした手土産に可愛いお菓子も揃っています。

 

IMG00111

 

金粉入りの賀春茶は、クリスマスにも楽しめますし、1年間の無病息災を祈って飲まれる方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

そしてそして・・・。

 

 

別格の存在。

 

 

 

「まれもの」のボトリング・ティー。

 

 

限定90本

 

 

10日からの販売にむけてお店の真ん中に、

 

 

 

IMG00114_HDR

 

ずっしりと構えています。

 

 

 

 

店外では明日まで、「恒例」の石焼きいもの振るまいもあります。

 

IMG00109_HDR

 

今は亡き父が、10年以上前に四国から取り寄せた石を敷き詰めた石焼きいもマシーン。

 

 

お客様に少しでも喜んで頂きたいと言っていた父の想いを引き継いでいます。

 

 

羽澤&中武のコンビで新緑園スピリッツでおもてなし(^^)

 

 

少し冷えますが、是非お立ち寄り下さいませ。

 

 

 

2018.12.08

地元

 

地元の秋祭り。

 

IMG00051

 

今年は5年に1度の「蛇切り」があったため、特にその準備で大蛇作りがありました。

 

 

地元の先輩方が他の地域の祭りや準備を見学され、「蛇作り」や「しめ縄作り」を研究されて、私達若手?がその指導を受けながら「わら」を結ったところです。

(若手と言いながら、平均45才程になりますが)

 

 

IMG00052

 

 

力を入れて、右にひねって左に編んでいく・・・。

 

かけ声は、

 

 

「よいよい、よいよい」

 

 

その繰り返し。

 

 

そして蛇が完成。

 

 

伸ばすと、全長8mにもなります。

 

IMG00058

(神楽の舞手さんが、祭り当日にベロをつけてくれました)

 

休憩で、お茶で一服。

 

IMG00053

 

クッキーの上に手作りいジャムをのせた、オシャレなおやつもあったり。

 

 

 

そして祭り当日。

 

秋晴れの心地よい空気の中、祭りも盛大、かつほのぼのと開催されました。

 

 

蛇切りも無事成功。

 

18-11-27-18-2722_deco

 

 

 

盛り上がるせんぐまき。

 

IMG00064

 

 

 

そう言えば私が幼少の頃、この祭りで相撲をとっていた牧歌的な記憶があります。

 

周りを焼酎に酔っていたであろう父等大人が囲んで、相撲に勝つことに懸命になっていた自分がいたのを覚えています。

 

 

 

今年の祭りでは、以前よりちびっ子を連れた若いファミリーが増えた様な気がします。

 

 

この子供達が大人になったときに、懐かしく思い出せる様な地元の祭りが出来るといいな~と思ったところです。

 

 

 

 

 

2018.11.27

昭和テイスト?

 

お茶の製造では、原料の選定はほぼ決まっているこの時期、特に火入れのことを考えます。

 

その火入れですが、毎回調整しながらになります。

 

1つの製品でも、毎年その原料(荒茶)は一新されるし、じゃあ同じ原料で加工していく1年間でみても、その時の気温、湿気、新茶期か否か、その時の味覚の感性、もしかしたら気分、試飲して判断していくというアナログ的誤差もあるかもしれない。

 

また他者、他社のお茶を飲む中で、自分の傾向の良し悪しも認識したり。

 

 

と、考えながら先日、今月7日から販売の「冬茶だより」を火入れ。

 

 

PIC000089

 

 

1年前に冬茶を仕上げた時の「加工表や火入れ温度記録」はあえて見ず、

 

 

「香ばしく、甘みを残しながら、色は少し茶色くなってもかまわない、でも苦々しくならない様に」

 

だけ意識して、何杯も飲んでは温度を小刻みに上げ下げ・・・・。

 

 

PIC00008D

 

 

原料が深蒸しなので元々苦みは少ないけど、逆にお茶が細かい分、強火で焦げてしまわない様に考えながらベストは尽くしました。

 

 

 

 

そして袋詰めされ販売日までが待ち遠しいまま?、冷蔵庫でおねむ中のパッケージを引っ張り出してみる。

 

 

「冬のぬくもり、届けます」

 

 

とパッケージに書かれていますが、このイメージに少しは近づけたかなと思っております。

 

(このコピー、少し昭和っぽく、どこかレトロでいいですね)

 

 

IMG00015

 

 

 

さて本日、定休日の冬晴れの1日。

 

1人で電話当番と資料作成をしながら、普段の喧噪から離れて、天気と気温の良さから、頭もココロも「すーっ」と澄んでいます。

 

 

まずは、お正月まで2ヶ月。

 

美味しいお茶で体も心も温まりながら、皆様も社員も自分もお茶屋さん仲間も、穏やかな時間が過ぎていくといいな~と思っております。

 

 

2018.11.04

秋晴れに・・・

 

秋晴れの1日。

 

そんな中、入社して1~2年の社員と研修の場を持ちました。

 

 

自園を見ることもこれまであまり機会が無く、3ヵ所の自社園を見てまわり、基礎的な話を私からしたところです。

 

 

 

そして秋の番茶製造も見学。

 

その工程の中で、烏龍茶や紅茶と違って日本茶製造の大きな特徴である、「摘んだ生葉を蒸気で蒸す」という工程は、文字や言葉では知っていても、目で見ないとピンときません。

 

 

「ここの筒の中で葉を蒸してるんです」

 

 

と説明すると、みんな少し感嘆の声。

 

 

「ほほ~」

 

 

そして中盤から、乾燥と揉み込みの繰り返しで茶葉を形にしていき、丸まった葉を真っ直ぐ伸ばす工程も目にすると、

 

 

「あっ、途中までが【ぐり茶】で、最後で【伸び】になるっちゃ!」

 

 

という言葉も出たり。

 

 

ふむふむ(^^)

 

 

IMG_4095[1]

 

 

そこをみんなに見て欲しくて。

 

 

まさに「百聞は一見に如かず」の様でした。

 

 

IMG_4097[1]

 

 

そして移動の車内では、普段会社では出来ないラフな会話をして笑ったり(^^)

 

 

 

良い時間でした。

 

 

 

 

 

 

2018.10.24

最新記事

2019.02.11
あの日、その日、この日
2019.01.24
まさかのご来店
2019.01.05
笑顔の春待ち茶に
2018.12.30
来年も宜しくお願い致します
2018.12.22
誇り

カテゴリ