一緒に日本一を目指しましょう

一緒に日本一を目指しましょう

 

いよいよでございます。

 

新茶の季節。

今年は、収穫時期的には例年通りか1、2日早くなりそうで、1週間早かった昨年よりは5,6日遅い感じです。

 

 

さて少し前になりますが、川南の茶試験場で、研修用に特別にハウスで育てた茶葉を使っての製造研修がありました。

 

IMG00107~2

 

 

 

IMG00108

 

研修の最後は、昨年、全国茶品評会に出した煎茶の振り返り。

 

このお茶だけ見ていると針みたいで、まさに

 

 

「THE 品評会出品茶」

 

 

で日本一になりそうな品質や外観ですが、昨年はまだ上には上がいて、少し厳しい結果でした。

 

IMG00112~2

 

 

 

 

そして、まだ新芽は小さい我が茶園。

 

IMG00150~2

 

 

この茶園で、日本一を3度頂きましたが、今年は今月の20日、土曜日に「第73回全国茶品評会愛知大会」の手摘みを行うことになりました。

 

是非一緒に日本一を目指して手摘みをしませんか?

毎年、200名近い方にお手伝いを頂いておりますが、初めての方でも、以前参加頂いた方でも、毎年参加されている方でも大歓迎です。

 

当日は、指導をしながら1芽ずつ摘んで頂きます。

摘む時間は4時間程。

 

皆さんが黙々と摘まれ、少し緊迫した、しかし鮮やかな新芽に囲まれた特別な空間がそこにあります。

 

 

募集要項を簡単に書きますね。

 

日 時    4/20(土) am7:00~ 新緑園で受付開始

摘み方開始          am8:00~ お昼頃終了予定

*お弁当と、薄謝あります。

*小雨決行

*参加頂ける方は事前に弊社に、お申し込みのお電話(0983-35-1057)をして頂くと助かります。

 

 

 

一緒に大きな「夢」を見ませんか?

 

お待ちしております。

 

 

2019.04.05

お茶も陶器も2割引、笑顔は5割増し(^^)

 

 

本日から3日間、春の蔵ざらえセールです。

 

IMG00118

 

年1回の割引イベントです。

 

IMG00117

 

 

IMG00120_HDR

 

 

ちょいと狭い店内ですが、美味しい、お買い得、何だか楽しい、花粉症にもすっきりするかな・・が沢山あります。

 

 

朝一番は、

 

「門川から1時間かけて来ました」

 

と言われるお客様も。

 

 

 

そして、お客様同士で・・

 

「あら~、久しぶり!!!」

 

の多いこと。

 

 

握手をされたりを見ると、なんか嬉しい(^^)

 

 

そして私は作務衣を着て、ひたすら気持ちを込めて(昭和チック)お茶をお淹れしております。

 

 

 

笑顔あふれる女性スタッフと、白髪頭がプリンみたいなイカツイ顔のお茶淹れ社長君に会いに是非、お立ち寄りくださいませ。

2019.03.21

魂の仕事

 

農林水産大臣賞3連覇を頂いた茶園で、今年も日本一を目指して魂の液肥をまく魂の園長:羽澤。

 

 

新芽を守るために連夜、夜中の霜対策水出しで鼻声が心配ですが、寡黙に頑張ってくれており、頭が下がります。

 

 

 

IMG00099_HDR

 

 

ちなみに、今年も少し新茶の収穫は早そうです。

 

昨年は県内では新燃岳の噴火で、なかなかの1年でしたが、今年は今のところ大丈夫で、順調に新芽が伸びてくれております。

 

IMG00094~3

 

 

 

 

そして店内では、美の魂を持っている店長:図師の華やかさが生きています。

 

IMG00089~2

 

 

 

さすが、今日で丸10年勤務の頼れる店長のお仕事です。

 

 

母なる大地的な社員。

 

(10年間勤務、本当に有難うございます!」です)

 

 

 

 

 

そしてこれは、中1娘の作品。

 

IMG00091~2

 

ん~。

 

良いのやら、どうやら・・・(^^)

 

 

魂というより、

 

 

「たまにし~よ」

 

 

というレベル。

 

 

そんな曇天の土曜日です。

 

 

 

2019.03.09

現場を

 

船井総研の社長が講演されると聞き、昨夕市内に。

 

その船井社長だけでなく、あとお二人も講演というか講話をされました。

 

IMG00088

 

 

そんな中、三名の方が言われたのは私なりの解釈で、

 

 

「日本人としての誇りを持つこと」

 

「戦争で戦った先人達の魂を大切にすること」

 

「歴史を学びましょう。そこには自虐的には一切ならなくていい誇り高い日本国があります。他国に否定される国ではありません」

 

 

等々でした。

 

 

 

日々振り返ると、目の前の事象一つ一つに翻弄される自分がいて、例えば歴史を学び大局的にモノゴトが考える力も必要と思いながらも、そこは大いに不足しています。

 

しかし毎日の会社運営では、歴史や想い、理念だけではなく、現場スタッフの環境が少しでも良くなることも大事と思っています。

 

 

この大枠思考と、現場主義のバランスが大事ですね。

 

 

そして改めて、マズローの5段階+1の欲求で現状を考えてみると、私自身もまだまだ欠乏欲求レベルであることを痛感。

 

 

だから今は、まず地味でも地固め。

 

 

格好良いことは言えなくても、思いつかなくても、まずは現場を・・・。

 

 

外部から色んな企画も頂きますが、ちょいとお断りする事もあります。

 

 

 

しっかり社内が流れ始めて、次のステップへ!

 

 

そう考えています。

 

 

2019.02.28

あの日、その日、この日

少し前の、その日。

 

園長ハザワが、品評会茶園用に手作りした肥料をトラックに載せていました。

 

IMG00064~2

 

そして翌日、それを手でまいて・・・。

 

それを吸収した新芽が伸びて、4月の下旬になると思いますが、摘むのも機械でなく、180人程の手となります。

 

 

手作業です。

 

 

 

高校のPTA役員をされている方が集まった、その日。

 

楽しいお茶淹れ教室の時間を頂きました。

 

IMG00006_HDR

 

出来るだけリラックスして頂ける様に、和気あいあいの時間。

 

 

私のすべりトークも織り交ぜながら約2時間(^^)

 

楽しい、美味しいを体感頂けたと思います。

 

 

 

 

そして山形屋さん地下では、2月も1週間、社員が頑張ってお茶の販売。

 

私が夕方に少し手伝いで入った、この日。

 

 

やはりお客様の言葉が、心に響きます。

 

IMG00042

 

満面の笑みで、30歳台?の女性のお客様が開口一番、言われました。

 

 

「ホント、大好きなんです!」

 

(えっ! 人前で?)

 

 

「一度飲んで、優しい味のとりこになりました」

 

(お茶がですよね・・・)

 

 

 

ご年配のお客様からは、

 

「絶対味を落としちゃだめですよ、この味だから飲んでるんです」

 

と、気合いの入る言葉。

 

 

 

 

そして、我が人生を作ってくれた父の七年忌。

 

 

この日、家族だけであの日、あの頃を思い出しながら一連の行事。

 

IMG00024

 

一度だけでいいから、また父と話したいなあ~。

 

 

郷愁

 

 

IMG00050

 

 

ちっちゃい娘の作った、ちっちゃい急須のオブジェ?にホッと一息のこの日。

 

 

こんな毎日です。

 

 

2019.02.11

最新記事

2019.05.09
きたっ!
2019.05.05
好天のなか
2019.04.28
185+1
2019.04.21
いよいよです
2019.04.09
手摘みの日程を27日(土)に変更しました

カテゴリ