宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

日本茶とは

日本茶は、「日本のお茶」、つまり、「日本で作られたお茶」「日本でよく飲まれる種類のお茶」と言った意味合いの言葉です。

ほとんどの日本茶は不発酵茶である緑茶です。緑茶の多くは、蒸すことで加熱処理をして酸化・発酵を止めたのち、揉んで、乾燥させる製法をとる。この方法は日本独自で発展したもので、世界的にみても製茶過程で”蒸し”という工程が行われている国は他に類がありません。日本茶は普通緑茶を指します。蒸す代わりに釜で炒る加熱処理を用いる場合もあり、この製法の日本茶を釜炒り茶といいます。緑茶を分類すると茶道における抹茶とそれ以外の、茶葉を挽かずに用いる「煎茶」に分けられます。また本来のお茶である本茶に対して、選別などの工程ではじかれた出物のお茶として、茎茶、芽茶、粉茶、ティーバッグ用原料茶の分類も存在します。

宮崎県は第4位の日本茶栽培地域で、産地銘柄を表示する際には、当該府県産原料が50%以上含有するなどの条件を設け、ブランド維持を図っています。現在、日本全国で栽培されている茶樹の9割をやぶきた一品種が占めています。最近では、おくみどり、さえみどり、つゆひかりなどの新しい品種の栽培も増えています。

新緑園の日本茶

昨今の経済状況や食文化の変化により、日本茶の味わい方も随分変わってきております。この様な環境の中、新緑園では、日本茶専門店として日本茶の持つ大きな力を信じ、県内外のお客様に喜んでご利用頂ける宮崎茶をご提案し続けております。どうぞ皆様、この不安定な時代の中で、心ゆくまで日本茶を楽しんで頂き、「心ほどける和みの時間」を過ごして頂ければ、有り難いと思います。